So-net無料ブログ作成

仁の最終回の公園  「TPP医療問題」 [日本の政治]

 

 

 

 

 

 

 

 

 



TPP=貿易推進派、反TPP=反貿易自由化派では無い。

TPPは通商条約を超え、国家社会全体を網羅している。

 

 



バイラテラルのEPA(2国間協議の経済連携)の交渉国を増やすか、ASEAN-6なのか?

 

FTAAP(アジア太平洋自由貿易圏)に向け、経済効果の経済押し上げ効果が最も高いのか?

 

 

 

 

ASEAN+3

(ブルネイ、カンボジア、ラオス、ミャンマ-、マレ-シア、フィリピン、シンガポ-ル、タイ、べトマム)+(日本、中国、韓国)、
 

 

 

 

 

ASEAN+6

(ブルネイ、カンボジア、ラオス、ミャンマ-、マレ-シア、フィリピン、シンガポ-ル、タイ、べトマム)+(日本、中国、韓国、オ-ストラリア、ニュ-ジ-ランド) 、

 

 

 

 


TPP

(シンガポ-ル、ブルネイ、チリ、ニュ-ジ-ランド、アメリカ、オ-ストラリア、カナダ、ベトナム、マレ-シア、ペル-、コロンビア、日本)、
 
の中で、交渉が始まっているのがTPPです。

 

 

 

 

 

TPPが殆ど決定済みの段階で、日本が最後に入る形に成る。

 

 

 

 



今の状況で交渉をする余地は無い。

 

 

 

 



TPPを丸呑みするか、しないか、2者択一の選択を迫られる。

 

 

 



TPPのデメリットの一つは、知的財産権の取り扱い(知財条項)です。

 

 

 



そして、もう一つは、ISD条項です。

 

 

 

 


この二つは、極めて諸外国でも異論の多く、紛糾している交渉の項目です。

 

 




TPPの条文でアメリカが案として出している知的条項案。

 

 

 



これは、トリップス協定(知的所有権の貿易関連の側面に関する協定)を超え、極めて厳格で広範囲に規定するものである。

例えば、社会保障分野でさえ、医薬品や医療のやり方に特許を置くことにより、

社会分野、社会保障分野でのサ-ビス提供すら、社会政策として自由に出来なくなる恐れがある。

 

 

 

 



アメリカの製薬会社が特許をとれば、ジュネリック製品(特許切れの安価な薬品)が、

日本国内での生産が滞り、抗癌剤やC型肝炎治療薬が上がり、薬が買えない人達が出て来る。

TPPの知財条項の米法案によると、

患者さんの治療方法にト-タル的なパッケ-ジについて、特許を付す条項が付いている。

こうした事で人命が救命、救えるか問題に成っている。

 

 

 



日本は、手術方法で特許を課す制度に成っていない。

 

 

 

 

これは、社会政策の範疇だから、 

TPPは、通商条約を超えた、国家社会に関わる条約である。


 

 

 

 

佐藤ゆかり氏 TPP質疑から抜粋

 

 

 

 

 

仁の公園.jpg

 

 

 

 

ここから、咲さんと夕陽を見ていたのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(7) 
共通テーマ:アート