So-net無料ブログ作成
検索選択

TPPは、明らかに日本を多国籍企業に売り渡すもので、審議にもなっていない。 [TPP]

 

トンネルP1013585.jpg


nice!(6) 
共通テーマ:アート

安部首相 “ TPP反対とはただの一度も言ったことはない!” [日本の政治]

 

 

 


 

自由を訴えると、不自由に成る。

人の生命、財産は規制により、守れている。
 
 


過度の規制は弾圧に成るけれど、

適切な規制が人間社会を守っている。

 
 
 
 
 


2011年 11月11日、国会中継を聞いていた。

言葉に詰まると、「アジアの成長を取り込む」を繰り返していた野田首相。 

 
 
 


そんな「キャチフレ-ズ」は要らない。

 
 
 
 


「アジアの成長を取り込む」なら、

TPPではなく、中国・韓国を含むASEANN+6だろう。

 
 
 
 
 


明治維新の開国は、不平等条約だった。

 
 
 
 
 


生活は困窮し、経済は疲弊した、

関税自主権を取り戻す為に戦争を始めた、 

ジェイコブ・シフから借りたお金で、勝利した日露戦争。
 
 
 
 
 
鬼畜米英、アジア各地を戦火に巻き込み、

広島・長崎に原爆が落とされた。
 
 
 
 
 
 

 
「自由思想」は中世ヨ-ロッパ、

絶対権力である「王制」を打倒する為に、広められた。

 
 
 


権力は「王」から「資本家」に移動した。



 


 
戦略の為の「自由」が、「今」行われてようとしている。
 
 
 
 
 



 


 
国会中継 (2011.11.11) 佐藤ゆかり 「TPP集中審議」 ~参院予算委 から。






 
 
 
 

「ISD条項のNAFTA(北米自由貿易協定)の事例」

 
 
 
 
 
 
カルフォルニヤ州の企業サンベルトウォ−タ−が、

カナダ政府をNAFTA条約 第11条に基づいて、提訴をした案件。


 
 
 
 


この損害賠償請求金額は、当時105ドルという非常に膨大なもの。

カナダ州政府である、ブリテッシュコロンビア州政府が、このサンベルトウォ−タ−と結んで、

数億ガロンの水の輸出の契約をした。

ブリテッシュコロンビア州政府が、ある時停止をした為に、

サンベルトウォ−タ−カナダ政府を訴え損害賠償として105億ドルを請求した案件が有る。


 
 
 
 


わが国も、すでに海外で水ビジネスを推進しています、

外国企業が日本の北海道、長野県の水資源の近隣の土地を買収している問題が有る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仮に、日本が国内法に於いて、これは水の安全保障に関わる事案であるから、

国内法を設置して、外国企業と国内企業によって、

水資源の近隣の土地の買収は何らかの差別化をする事案を設けたとしても、

ISD条項、これは条約ですから、国内法が曲げられる。

                                                                       






日本の国内法よりも、条約が上位にある訳ですから、

TPPで決められたものを、丸呑みすれば、国内法は曲げなければいけない、変えなければいけない。


TPPを選ばなければ、国内法は、そのまま、わが国が管理出来る。





 
                                                               
                                                                                                                            
 
あるいは、企業誘致に於ける、様々な行政で、外国企業も引っ張って来る事例も出てきます。

空洞化対策で言えば政府発注、公共事業の発注等に於いて、

地元の業者を優先に発注するような事例が出てくると思う。


 
 
 


そうした中で、ISD条項は関わって来ます。
 
 
 
 
 

 

当然ながら外国企業は、

この地元優先事業、政府調達を「不公平じゃないか!我々の利益が損なわれたと」言って、

日本が訴えられる。
 
 
 
 
 
 
 
そういう中でISD条項の方が、
 
日本の国内法より優越してくるわけであるから、

非常にこれはある意味危険な時期尚早な判断というのは、

野田総理、ぜひ避けて頂かなければならないいうふうに思うわけであります。

 
 
 
 
 
 
枝野経産大臣も、仰っておられましたが。

まあ国内法で、しっかりと守るんだから、遺伝子組み換え食品について、

あるいはBSEの食肉の問題について、

輸入を強要されればですね、

「国内安全基準できっちりと守るから大丈夫なんだ」と、

そういう枝野大臣ご答弁されておられましたね。


 
 
 
 
 
 
無理なんですよ、

国内法がこのISD条項の劣位にあるわけです、

ですからそんなことは、とっても無理なことであって。

 
 
 
 
 
 
 
ご答弁、午前中のご答弁は余りに無理であると。

問題であると申し上げておきたいと思います。
 
 
 
 
 

                                                                                                                            
 

国内法よりもTPPが上、

TPPで決められたものを、丸呑みすれば、国内法は曲げなければいけない、変えなければいけない

「国家主権」が危ぶまれる「条約」。

 

 

 

 

TPPは治外法権、

TPPのル-ル作りに参加出来ない日本、

「関税自主権」を失う事に成る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 E0514597 高尾山.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



共通テーマ:アート

堤未果 著 「政府は負はもう嘘をつけない」を読んで ぶったまげた! [未来]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
自民党の憲法改正草案 第21条の2 「国は国政上の行為につき、国民に説明する責務を負う」、
 
一見、真っ当な草案に思える。
 
 
 
 
 
 
 
TPPもTISAも国際条約であり、
 
国が国民に説明する責任が生じる「国政上の行為」には該当しない。
 
 
 
 
 
 
 
へ~
 
 
 
 
 
 
 
国が国民に説明する責任が生じる「国政上の行為」には該当しないって!  
 
 
 
 
 
 
 
 
ぶったまげ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 E0516441 座間 .JPG
 
  
 
 
 
 
 
 
  
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 堤未果 著 「政府は負はもう嘘をつけない」を 全部 読んで欲しい。 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「TPP」は条約、 条約は憲法よりも上に来る、 民間企業(米国1%)が国、地方公共団体を訴える事ができる。


nice!(20) 
共通テーマ:アート

望月 衣塑子氏 著 「武器輸出と日本企業」を読んでいたら、 取引会社の社名が出てきた、 その取引会社の依頼で、超合金の部品の組付けの機械を製造している。 [未来]

 
   
 
 
 
 
 
 
 
北支那方面軍に従軍していた父、 
 
父は復員してから失敗を繰り返し、
 
在日米国陸軍に勤務してからは、朝鮮戦争特需で家庭を築け、私が生まれた。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 E0517199-11 攻撃ヘリ.JPG
  
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


望月 衣塑子氏 著 「武器輸出と日本企業」を読んでいたら、

取引会社の社名が出てきた、

その取引会社の依頼で、超合金の部品の組付けの機械を製造している。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今井雅之氏からのメッセージ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経済は戦争がなければ成り立たないのでしょうか?

乗り越えなければならない人類の課題。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


タグ:攻撃ヘリ
nice!(4) 
共通テーマ:アート

コ-ドネ-ムを「ポダム」と呼ばれていた。  [未来]

 

 

 

 

 

一日の仕事を終え帰宅すれば、ナイタ-中継の観戦。

翌日、会社に出社すれば、昨夜観た巨人戦の話題。

難しい「政治や経済」の話は、誰かに任して置けば良かった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近テレビが「怪しい」、一部の権力に操られている様に見える。

麻薬は、何処の国から入って来て、日本人の誰が買って、誰が儲けているのか、一切報道が無い。

芸能ニュ-スで終わっている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
小沢氏の「政治資金問題」の不起訴。

「不起訴」とは、訴訟条件を欠く場合 、被疑事件が犯罪を構成しない場合、犯罪の嫌疑がない場合、

嫌疑が不十分な場合、訴訟条件を欠く場合、被疑事件が犯罪を構成しない場合である。

有罪無罪でも無い「不起訴」を、「政治とお金の問題」と表現するのは違うと思う。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 


こんな事も有った。

郵政民営化以前、2001年4月26日、小泉総理が就任した時に、

約1万4千円有った平均株価が、2年後の4月28日、約半分の7千6百円に下がった。
 
 
 
 
 
 
 




それは不良債権の強制的処理という名目で「貸し渋り」、「貸しはがし」を行い、

実体経済の血液である金融を止め、株と土地を下降へと誘導した。

 
 
 
 
 



さらに「時価会計」「減損会計」の強制的導入により株価は急降下させ、

「銀行と上場企業の1/4ずつの「株」の持ち合い」である「銀行と企業の株式保有の禁止」より、

大量の株式を市場に放出させ、株価を意図的大暴落させた。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

もう一方で、為替介入「外国為替平衡操作」を利用し、

「35兆円2千5百65億円という、史上最高のドル買い介入」をした。

原資は、政府短期証券と10兆円の米国債を日銀に引き受けさせ捻出をした。

2002年末で3千7百81億ドルだった、

日本の米国債保有が、2004年11月末で7千149億ドル。

この2年間で3千3百68億ドル、

35兆円の米国債を買った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

35兆円の仕送りをアメリカにしたのである。

 
 
 
 
 
 
 
 
 


2003年から2005年までの2年間で、

日本の株式を、個人も金融機関も「売り越し」であるのに拘らず、

総額16兆9千億近くを「一人の外国人」が買い越しをしている。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一つ一つは「情報」として伝えられていた筈であるが、

つなぎ合わせてみると、

アメリカに仕送りをした「35兆円の余剰資金」が日本に還元し、

意図的に半額まで暴落させた「日本の株式」を、

リスクマネ-の「外資」が買い漁ったスト-リ-が見えて来る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尚且つ、株式の利益配当を極限化するために固定経費、経常経費を削る為、

終身雇用制の破壊、人材派遣の規制緩和、後期高齢者医療制度を行ったのである。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
多くの記者に囲まれながも、
 
 
 
 
 
 
 


郵政民営化は「年次改革要望書」基くアメリカの要望であると、

説明しようとしている小林興起氏は、

言葉を遮られ、「抵抗勢力」=「悪者」と形容されていた。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
テレビは「痛みを伴う改革」と言い続け、「外資のCM」が流れていた。

テレビは「政治を監視」するのではなく「日本国民」を誘導している様に思える。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
郵政民営化の郵貯、簡保資金の350兆円もアメリカの「リスクマネ-」の財布に成るところだった。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
どうしてこう成ったのだろうか?

テレビメディアが誕生した理由を調べた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 E0514594 高尾山.jpg
 
 
  

 

 

 

 

 


 

 

 

日本で最初の民放TV局をた創設した「正力松太郎」は、
 
戦後A級戦犯として収監されたが、「巣鴨プリズン」出獄後、CIAから1000万ドルの円借款をし、

日本人から「反米思考」を取り除く事、

米国の水爆実験により、死の灰を浴びた「第五福龍丸事件」により起きた、

「反原子力」の気運を取り除く事を目的に、

CIAの工作員として、日本で最初の民放TV局が開設した。
 
 
 
 
 
 
 
 

 


コ-ドネ-ムを「ポダム」と呼ばれていた。                                                               

                    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 外資のプロモーション...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



共通テーマ:アート

横須賀の潜水艦(Yokosuka submarine) [未来]

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1010278-333333333.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


タグ:自衛隊

共通テーマ:アート

アメリカのために敵を増やす政策選択は誤りだった 。 [日本の政治]

E0517177-123.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
          
 
 
 
 
  
伊勢崎賢治氏:アメリカのために敵を増やす政策選択は誤りだった 。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

タグ:自衛隊
nice!(5) 
共通テーマ:アート