So-net無料ブログ作成

「いのちの名前」 [未来]

  akira.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和34年11月24日(1959年11月24日)

僕が生まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10077271.jpg                                                                  

 

 

 

 

 

 

 

 

東京タワ-はもう既に建っていた。               
                                                                                     


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010 都電 2 -大.jpg                                        

 

 

 

 

都電が庶民の足で、     




 

 

 

 

 

 

 

 

 

10076476.jpg 

 

  

 

 

 


                                                                                                 

まだ東京にも蒸気機関車が走っいた。   

   



 

 

 

 

 

 

 




10105131.jpg

 

 

 

 

 

 

 


                                                                                                 

羽田ではプロペラの旅客機が活躍していた。 

 

なぜか昭和39年の東京オリンピックの記憶が無い。

 

 

                                                                                          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

父は「戦争の生き残り」で、

    
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    
東京の大田区辺りの京浜工業地帯で旋盤工をしていた、 

 

汗臭いのが当たり前でビ-ルを飲むと上機嫌だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おとうさん.jpg    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                  

 

若い頃は戦友会にもよく出掛けていたが、

                                                                                                                             

晩年は戦友会もいわゆる人生の成功者達の集まりに成ってしまい、 
  

                                                                                                    

「オレの行く所では無い」と出掛けることは無かった。  
                                                                                                                                                   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 父.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校生の時「お父さんが戦争で殺した人達はどんな表情していた!」と聞いた事が有る、

 

真実を知りたかったから けれど答えてくれなかった。 

                                                                                            

ただ 「経済さえ ちゃんとしていれば そんな事はする必要が無かった」と言っていた、  

 

進学は経済学部にした。

 

 

 

                                                                   

 


 

蒲田のガード下や池上本門寺のお会式で 


                                                 
戦争で手足を失った白装束の人達がアコ-ディオンで、 

 
                                         
「此処はお国の何百里・・・・」と悲しげに演奏していたのを良く見かけたが、 

    
                           
いつの日か居なく成っていた。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




10077335[1].jpg                                                      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家から帰るといつもテ-ブルの上には母が内職で作った、

    
                                      
「どこから見てもカツラと判るカツラ」がテ-ブルの上に沢山置かれていた。

 

 

                                                                             



僕たち兄弟(私は次男)が小学校の高学年に成った頃、        

                                                                      

母は近所の町工場でトランジスタラジオや玩具のトランシーバの組み立てをしていた、
 

 
その頃は景気が良く 月の石を見る為に行列が出来た大阪万国博に社員旅行に行っていた。

 

                                                  


 

すき焼きのお肉が「豚肉」でなく、

   
                                                      
本当は「牛肉」だと知ったのは小学年二年生の頃だったと思う、

   
                                   
溶き卵ですき焼きの「牛肉」を食べるのは許されない贅沢だと思っていた。 

 





でもこの世で一番美味しい食べ物は母の作ってくれた、    

                                                                                                                   

もう二度と食べられない豚肉入りのカレーライスだったと今でも思っている。

 

 

                                                                                           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 E698ADE5928C361115.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誕生日とクリスマスにしか食べられないケーキは、

     
                                         
ヤマザキの「バタ-クリーム」で、

    
                                                       
不二家の「生クリーム」のケ-キは買ってくれなかった。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家は貧しかったけれど両親の頑張りで「ひもじい思い」はしたことは無かった。

 

                                               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    


       

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              

線路脇の家は電車が通る度に揺れた、 
      

                                       
テレビは電波障害を起こし「ザァ-」と成った、  
    

                                                                  
いい場面で「ザァ-」と成ると家族全員で「アッ-」って声を上げていた。                              



 

 

 

 

 

 

 

社会人に成るまで 家にお風呂が無かった、 
    

                                              
銭湯行くと必ず背中を流してくれる優しいおじさんがいた、 
    

                                                  
ある日 いつもの様に背中を流してくれるかと思ったら
    

                                                                                             
泡だらけに成った体で後ろから抱きつき両手を下半身に伸ばして来た。

 

 

 

当時「オカマ」と言う言葉あったが「ホモ」と言う言葉は無かった気がする、 

                               

とんだ「オカマ」体験だった、それ以来銭湯に行くのが怖くなった。   


 

 

 

 

 

 

 

 

 


s-彰 3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼稚園に入る前 事故に有った。  
          

                                                  

友達のクンちゃんに誘われ道路に放置された解体途中の車の上で遊んでいたら、   

                                                                                 

車が崩れ下敷きに成ってしまった、    

                                                                                           

運良く首だけは外に出ていたが左足が挟まり外に出る事が出来なかった、     

                                                                          

クンちやんが大人を呼びに行くまで時間が掛かり日も暮れ始めていた、 

                                                                               

何時間独りで車の下に居たのだろう、救出された時の痛さは今でも覚えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20120306-214648-1.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  

1970年の安保闘争の時 家の近くの線路上で機動隊と学生の衝突が有った、  

 

機動隊に追われた学生?が家の玄関に逃げ込んできた。   
                                  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10105445.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学6年から社会人に成るまで好きだった女の子は僕が町を出る時泣いていた。

 

 

 

 

 

 

父が亡くなる時 ひとり身の私を案じて   
                                                                                    

ナースコール利用して看護婦さんに私を紹介していた。 

 

 

 

 

 

 

子供の頃 事有る毎に私に「育て方を間違えた」と言っていた母が亡くなる時

 

「あきらが居てくれて良かった」と言っていた。               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      

 

 

  

 

 

 

 

 

39年前家族と一緒に登った東京タワーに一人で登った。 

                                                                  

39年前と同じ様に階段を使って登った、

                                                                                         

 

たやすく登れた筈なのに可也ばてた。  


          

 

                                         

 

夕陽が目にしみた。   
 

 

 

 

 

帰りに何度も振り返り東京タワー見上げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10077514.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

東京タワーってこんなに綺麗なんだ。