So-net無料ブログ作成
検索選択
父の残した文章 ブログトップ

駐日大使ジョセフ・ナイ 「対日超党派報告書」って本当ですか? [父の残した文章]

 

 

 

最下に動画追加しました。

 

 

 

P1010363 1153 865.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和15年12月7日、満20才4ヶ月、 
 
 
芝浦岸壁より輸送船に乗船する、 
 
 
父や妹達家族に見送られる、 多くの初年兵もそうであった。
 
 
船は岸壁を離れる、戦友一同は甲板に上がりて離れる陸地を見る。
 
 
 
 
 
 
ぞの中の一人、松沢2等兵が「ああ堂々の輸送船さらば祖国よ栄えあれ...」と歌いだす、
 
 
その声に合せて合唱しだす、みんな泣いていた。
 
 
 
 
(父の残した文書より)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1010365 1153 865.jpg 
 
 
 
 
  
 
 
 

 
「ジョセフ・ナイ国防次官補の論文」は本当だろうか? 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1010370 1153 865.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
戦争は仕組まれる。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
写真は東京都港区芝浦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

駐日大使ジョセフ・ナイ「対日超党派報告書」


タグ:戦争 東京湾
nice!(1) 
共通テーマ:アート

知らなかった「国連憲章 53条 敵国条項」 日本は今でも世界の敵。 [父の残した文章]

 

 

 

 

昭和20年3月「河南大作戦」に参加、 

昭和20年8月13日終戦を知る。  

 

 

 

 

 

25日間歩き続け、

雨が降り涼しかった9月、山東省に入る、

昭和21年5月まで 鉄道沿線整備に従事。

 

 

 

 

 

山東省より山口県仙崎港に上陸、

昭和21年5月15日復員。  

 

 

 

 

 

北海道の知人の家に行き仕事を探すが、炭鉱もダメ、農業もダメ、

帰京の船上、風の冷たさに自殺をためらう。

 

 





上野松坂屋にて清掃、運搬の雑役から始めるが、

商売は自分には向かず退職。

 

 





昭和23年春より、米軍兵舎の整備と芝浦(東京都港区)より米軍物資の荷揚をする、

秋より、49米軍病院にて清掃、ガラス器具の煮沸消毒の従事した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




父の遺骨を持って行く、妹と友人も来てくれた。

(納骨の事) 

 

 

 

一度結婚するが、

当時、女の「新興宗教」 が恐ろしくなり離婚。

 

 




失意の中、昭和26年 自分の仕事「旋盤」を探しに飯田橋の職業安定所に行く、

 

 

 

 

下丸子(東京都大田区)の米軍下の自動車の修理工場(三菱重工業)に転職し、 

「朝鮮戦争」で故障した車輛の修理冶具の製造に就く。

 

 

 

 

昭和29年4月 再婚、長男を授かる。

 

 

 

 

昭和32年 神奈川県横須賀市 追浜兵器廠に移動、

昭和33年  追浜兵器廠閉鎖。

 

 

 

 

昭和34年8月迄失業保険を受給する。 

 

 

 

 

 

 

 

父.jpg  

 

以上↑  父の残した記録。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父は「戦争経済」の恩恵があったから、

「旋盤」という「生きる自信」を取り戻し、 

両親は二人目の子供、「私」をつくらなかったと思う。 

 

 

 

でも、多くの知らない命が失われた。  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国連憲章 53条 敵国条項





第二次大戦中の敵国であり、 

 


解釈により様々な国が敵国とされているが、

ドイツと日本は常に敵国認定されている。 

 






敵国=ドイツ・日本









国連加盟国は、いかなる戦闘行為も安全保障理事会の許可が必要となるが、

 


例外的措置として、「日本及びドイツ他の敵国」が侵略政策の再現を目論んだと想定された場合、 

 


これを防止する意味での戦闘行為は例外敵に許可される。

 

 

つまり、戦争の準備を始めていると近隣諸国が「判断した」だけで、

「日本とドイツには攻撃していい」と国連は認めている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考図書 苫米地英人著 「アベノミクスを越えて」読んで初めて知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 
 


タグ:昭和
nice!(0) 
共通テーマ:アート
父の残した文章 ブログトップ