So-net無料ブログ作成
検索選択
渋沢丘陵 ブログトップ

そして歩き出した、東の果てへ [渋沢丘陵]

 

 

 

 

 

 

 

「秦氏」は古代イスラエルの末裔だと云う説がある、

失われた十支族は、本当に日本に来ていたのであろうか?



 

 

 

 

 

神奈川県秦野市の「秦野」、


「ユダヤ人が開いた土地」と解釈して良いのだろうか?


この地名に「いわれ」が知りたく成った。

 

 

 

2012年3月3日神奈川県秦野市 渋沢丘陵を「頭高山」をめざす。










イスラエル国歌の「東の果て」とは、日本を示しているのだろうか?
 

 

 

 

坂の途中に「八弁菊の道祖神」、

右側に「聞か猿」、左側に「言わ猿」、

「見猿」は探せなかった。


 

 

見てはいけない、聞いてはいけない、言ってはいけない「秘密」、

それは、何だろう?






 

天皇家の菊の御紋は「十六菊」。

 

 

ユダヤのヘデロ大王(在位 紀元前37年から紀元前4年)の石棺にも、

菊の御紋が彫られている。



 

 







頭高山の頂上には、「馬頭観世音」が祀られていた。





 
 

 




丸く突き出た頭高山の峰に、

シオンの丘を見ていたのだろうか?

 

 




頭高山の「馬頭観世音」は、

「お前は何も知らない」、

「でもいつか、全てを知る時が来るだろう」と言っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

E0516117-11.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 
 



頭高山の麓には、

白山神社。

 

 




 

 

「しろ山」読めば「シオン山」に似てるかな...





 

 


空には地震雲...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(3) 
渋沢丘陵 ブログトップ